FX 年間トレード記録

2016年FXトレード記録

更新日:

カレンダー

FX1年目が終了


12月30日で2016年のトレードが終了しました。
まずは真っ赤っ赤な年間収支から。

日付 pips 損益
1月 +24.6 +2,460
2月 +327.1 +53,186
3月 -232.0 -71,607
4月 +343.4 +180,645
5月 -1,050.3 -722,132
6月 +169.3 -120,236
7月 +607.0 +81,645
8月 +576.0 +110,818
9月 +514.4 +78,257
10月 +400.7 +11,979
11月 +51.8 -87,392
12月 -167.9 -88,889
2016 +1,564.1
-571,266

いやーひどい(笑)
これぞ養分!というような負けっぷりでした。

大まかに月ごとにふり返り

1月、デモと併用しながら実弾1ロットで試し撃ち。

2月、初心者によくある、最初の罠、何となく勝ってしまう、襲来。
そして初心者養分はこの何となく勝ってしまう、をあたかも実力と勘違いし、FX簡単やん!と感じる。

3月、ところがどっこい2月についた偽りの自信は一瞬で打ち消される。
しかし3月のマイナスではFXの本当の恐ろしさには気づかせてはくれなかった。

4月、トレンドを味方につけ、あっさりと利益を得てしまい、またしても偽の自信がついてしまう。
しかも結構な金額の餌を戴いてしまい、完全に天才トレーダー、爆誕!状態。

5月、この月で2016年の運命が決まりました。
相場様から超強烈な洗礼を浴びました。
やってはいけないと知っていたはずの糞ポジ握力と気絶投資法のコンボで、数ヶ月で得た利益など一瞬で吹き飛んだどころか、その数倍もの負債を負うことになりました。
FXやってはいけないことの全てをやったであろう記念すべき月でした。
そして、この月で2016年は負債を少しでも取り返すだけの年になりました。

6月、先月やってしまったことを深く反省し、コツコツと利益を積み重ねる。
しかし、2016年二大祭りの一つ、ブレグジットが口を開けて待っていたのでした。
驚異的なボラに見事に釣られ、鬼のようなマイナスを1日で叩き出し、6月分の利益を1日で吐き出してしまう。

約定履歴

勢いがあったので乗ってしまった、などと意味不明な供述をしており…

二ヶ月連続でアホの極みをやらかし、そろそろ真剣にFXの魅力と魔力に気が付き出す。

7月から10月、今年のプラスはもう無理ぽ、と悟る。
あとはどれだけ負債を減らせるかになってしまったわけですが、このプラスにすることに固執しない、軽い諦めがわりとうまいことハマって4ヶ月連続でプラスに。
失った自信や、下がり倒していたモチベーションもだいぶ盛り返す。

11月
だが、相場様は甘くはなかった。
今年二大祭りのもう一つ、アメリカ大統領選が出現。

9割ヒラリーが勝つ、という風潮だったので、だまされんぞとばかりに僕は逆のシナリオも常に頭にいれて相場に挑む。
そしてデッドヒートの末なんとトランプ大統領が勝利し、1ドル100円割れを確信、Sをしまくる。
もしかしたら今年の負債取り返せるんちゃうんか!←

しかしながら相場はあがる。押し目らしい押し目も付けずにあがる。

モニタ逆かな?

いやそんなことはなかった。

あがる。

あがる。

あがる。

そして気付けば歴史的アップトレンドに。

は?意味わからんぞ!と窓から叫びそうになりましたが、よくよく考えれば、意味分からんのはトランプ爆誕で下がるという世論の風潮に流されてポジションを持った自分の浅はかな脳みそである。

愚かの一言でした。

12月は息を吐くようにマイナス。
反省も別に無く、普通に負けた感じでした。
特筆すべき点はなく、2016年FX1年目が終了。

2年目に向けて

こんな感じで激動の1年が終了したわけですが、FXが無理ゲーと思う日もあれば、簡単な日もありました。
無理ゲーな日はプロにとっても無理ゲーなのです。
無理ゲーな日にも無理やり利益を毟り取ろうとするのが勝ち組ではなく、取れるときに取る、不利なときは近寄らない、こんな単純なことが勝ち組への一歩だと確信してます。
無理ゲーなときは近寄らず、比較的取りやすいであろう相場様の時に取っていけばいいんだと気づいた1年でした。

2017年はとりあえずトータルプラスに持っていくことが大前提。
そして、もっとエントリーするまでのルールをきっちりと決め、そのルールを絶対に守ってトレードしていかなければいけません。

具体的なルールとして数点

  • 損切りは正義、絶対に広げてはならない
  • 1回のトレードにおける最大損失額は◯円まで。1日のトータル許容損失は◯円まで(来年から証拠金をあげるのでまだ明確に決めていない)
  • チャートが今後どう動くかのシナリオを立て、1時間足以上でのラインを意識してトレンドフォローもしくはレンジの逆張りをしていく
  • とにかく待つ、チャートが近づいてくるまで待つ
  • 毎日トレードノートを付ける

とりあえずはこんなところで。

今年は競馬とFXトータルで大体プラマイゼロ、パチスロがプラスで何とか生き長らえましたが、今後パチスロでの収益が下がるのは必至で、そもそも嫌煙厨を極めてきた自分はパチ屋に極力行きたくないのでFXを頑張らざるを得ません。

初心者の皆さん、このサバイバルの相場の世界を生き残りましょう。
生き残り続けましょう。

来年もよろしくお願いします。

オススメFX記録ノート

-FX, 年間トレード記録

Copyright© NoじょぶMyらいふ , 2018 All Rights Reserved.