スポンサーリンク

FX 考察

(負け犬目線)FXで負ける人がいかにして負けるかの考察

投稿日:

わたくし、3年もFXの養分をやっているわけでございますが、1,2年目はともに惨敗となりました。(100万くらいマイナスかな)
3年目は雀の涙ほどの利益となり、多少成長できたとは感じられるものの、まだまだ養分の域を脱却出来てはいない次第でございます。

しかしながら養分なりにもいろいろ分かってきたことがありまして、今日はそんな養分FXトレーダー目線の思考やトレード方法、またメンタルなんかを思いつくまま書いていきたいと思います。
FXもパチスロも、負ける人は負けるべくして負ける。これは真理。

 

養分にも何種類かいる

FXで負けている人を一括りに養分と表記していますが、負けていらっしゃる方を観察していると、その負け方や負けっぷりにも千差万別あります。

 

損切りができないタイプの養分

これは典型ですね。
最初はウキウキでエントリーし、損切りも利確もしっかり決めて参戦。
が、ポジが逆行し、損切りが近づいてきたら、当初設定していた損切りを撤廃してとりあえず延命に持ち込む。
そして戻るのを祈る。
運が良ければ戻ってきて助かることもありますが、助かったところで、この手のトレーダーはまた次同じことをするので、繰り返していつか致命傷を負うことになるので厄介度はかなり高い。
あほほど証拠金があり、維持率も楽勝ならこれもありですが、ストップを悪い方にずらす、または撤廃するのは、遅かれ早かれほぼ退場間違いなしなので即刻FXをやめるか、考えを改めるべきタイプの養分トレーダー。

 

利益出てるのにちょっと逆行するとすぐ利確しちゃうタイプの養分

これもいけませんね。
自分はヘタレ利確と読んでいます。
例えば10万通貨エントリーして10pipsの利がのって、1万の利益。
ただ、目標は30pipsのラインに設定。
1万の利益が出ていたのにもかかわらず、若干逆行し、含み益が7000円ほどに…。
これ以上、含み益が減るのが見てられないので、特によくわからないラインでもうとにかく少額でも利確。
その後、目標地点まで到達。

これはよくありますねw
損小利大が多いのはこのタイプではないでしょうか。

 

一度損切りを食らうと熱くなってしまうタイプの養分

はい、何を隠そう、これは1年目の私ですね。
損切りした瞬間、逆張り、ナンピン、なんでもござれ。
負が負を呼ぶ連鎖であっという間に退場。

 

その日単位の収支を気にする養分

これも結構多いです。
今日、その日をプラスで終えたい気持ちはいたいほどわかりますが、その日のトレード収支に固執しすぎると余計なトレードが増え結果的に無駄な損失を作ってしまいます。

 

逆張りばっかりする養分

これも以前の自分です。
とにかく日足や時間足の抵抗ラインなんかに来たらプライスアクションも見ず逆張り。
これはちょっと反発するのはある程度わかるんで、すぐに利益が出やすいということもありほんとやってしまいます。
しかし損切り設定も難しく、自分には合わないので今はトレンドフォローを心がけるようになりました。

 

まとめ

上記はすべて自分が通ってきた道で現在でもまだ患っている症状もあります。(ヘタレ利確など)
もっと成長したいので戒めとして書いておきました。

スポンサーリンク

-FX, 考察

Copyright© NoじょぶMyらいふ , 2019 All Rights Reserved.