FX 考察

【FX】来週のトレードに向けて22

更新日:

メモ

以前書いていた来週のトレードに関する考察をまたちょいちょい書くことにしました。
突発的なトレードをしないよう、来週からどうトレードしていくかの組み立てを整理しておくために書いておきます。
養分の勝手な希望的観測が大いに含まれているのでぜひ参考になさらないようお願いします。

ドルスト4種類4時間足

ドル円、ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドルの4時間足のチャートになります。(※クリックで拡大)

金曜日の雇用統計でドル買い方向に動いて、一旦のドル安は終了しました。
が、日足レベルではまだまだ移動平均線はドル安を示しており、ここからドル買いに行くにはもうひと材料ほしいかなと思います。

ドル円

ドル円に関しては、日足のMA(黄色)がレートに接するところまで戻ってきており、一旦また押し戻される可能性が高いとも見れます。
紫で引いたトレンドラインにも接するところなのでここから積極的には買っていけない。
日足MAはまだ下ですが、4時間足のMA(ピンク)は上向きに転じており、レートは下向きの日足MAと上向きの4時間足MAの間に位置してトレードがしにくい。
だもんで、週明けいきなりドル円をトレードしていくことは無いですね。
レートが日足のMAより上抜ければロングの準備をしたいと思ってます。

ユーロドル

日足、4時間足どちらのMAもまだ上向きです。
ロング狙い一択ですが、押しも深くて損切りラインが大きくなりがちなのでちょっとトレードはしにくいです。
損切りラインを抑えられるようないい形が出来てくれれば、とも思いますがそうそううまいこと自分の理想にはならないのが相場。
一応気を抜かず監視していきたいです。

ポンドドル

こちらもユーロドルとよく似たチャート。
ただ、4時間足MAを下に抜けたのでまだレートが4時間足MAより上にあるユーロドルよりは弱いことがわかります。
来週の初動は軽視しておきます。

豪ドルドル

来週からのトレードで一番注目しているのが豪ドルドル。
現状、円、ドル、ユーロ、ポンド、に比べて一番よわいのがこいつです。

 

週足はこのようになっており、非常に強いラインでの反発が見て取れます。

 

さらに4時間足では、安値切り上げてきたアップトレンドのTLも下抜けて、今後さらにさげてくれるような形になればショートでついていきたいと考えています。

 

移動平均線がこのようになれば理想!
一旦もどしてダブルトップなり、三尊なりを形成してくれればぜひともショート放っていきたいところですね。

 

国内のレバレッジ規制に備えて海外ハイレバ口座を作っておこう!


海外FXランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX 無職投資家へ
にほんブログ村

http://nojobmylife.com/xmaffi/

http://nojobmylife.com/highleverage/

http://nojobmylife.com/xmreal/

http://nojobmylife.com/mt4indicator/

-FX, 考察

Copyright© NoじょぶMyらいふ , 2018 All Rights Reserved.