競馬 雑記

今までで1番好きな牝馬

更新日:

僕は競馬歴が約10年になります。

全然大したことはないですが10年もやると、それなりに思い入れのある馬というのがいます。
VANで昔のレースとかをあさってたら感慨深い気持ちになってきたので、なんとなく一番好きな牝馬について書きまぁす!(何も面白くありませんがw)

一番好きな牝馬

一番好きな牝馬はベタですがブエナビスタです。
はい、くそしょーもないですがダントツで1番好きな牝馬ですね。
今まで見てきた中の競走馬でもベスト3に入る大好きな馬です。
アホほどキレる末脚を持ち、騎手の手綱に素直に応える頭の良さ。
芝2400mでも2500mでも一線級の牡馬をねじ伏せるスタミナ。
今見ても震えるような末脚で、これぞ競馬!というレースを数々見せてくれた名牝です。

印象的だったレース

2009年エリザベス女王杯

中でも印象だったレースが2つあります。
1つめは上がり3F32.9の豪脚で追い込みながらも3着だった2009年のエリザベス女王杯
逃げをうった大穴2頭がそのままワンツーフィニッシュするというとんでもない神(糞)レースでしたが、1着馬の上がり3F36.8、3着ブエナビスタ32.9でしたw
馬連102,030円、三連単1,545,760円と超大荒れだったわけですが、ブエナビスタの末脚に呆然としたのを覚えています。

2011年有馬記念

もう一つ印象深いのは引退レースの2011年有馬記念です。
今まで国内では掲示板を外したことは一度もなく、3着以下も2011年天皇賞秋の4着1回きりでした。
引退レースは、三冠馬オルフェーヴルとの初対決。
最高にワクワクしたのを覚えています。
しかしブエナビスタは最後の直線で馬群に沈み、国内最低着順の7着。
いままでずっと走り続けてきて、最後の最後で掲示板すら外し、凡走してしまう。
今まで見たことのないような儚い負け方で引退をする、そんなところが大好きでした。

その他に好きな牝馬

このようにダントツでブエナビスタが好きだったわけですが、その他にも好きな牝馬は結構います。
適当に殴り書きしときます。

ショウリュウムーン
コスモネモシン
フーラブライド
イタリアンレッド
ホエールキャプチャ
カレンチャン
フミノイマージン
アベンチュラ

強いのにあんまり人気しない系が好きですねw

最近ならショウナンパンドラが好きでした。
引退が残念です。

ちなみに一番好きな牡馬は…

 

 

 

 

 

オルフェーヴルです!(ベタ)

-競馬, 雑記

Copyright© NoじょぶMyらいふ , 2018 All Rights Reserved.